もっと髪の毛の話をしよう☆


by muruchura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ハンドブロー☆

今日はすごく天気が好くて、サクラがキレイでした。でも花粉が凄いです(苦)
d0005923_1371123.jpg


本題のハンドブローです。
ハンドブローが上手い人は、ブローが上手い!っていいます。ハンドブローは、特に根元をコントロールする事が出来ます。美容師さんに「ブローは根元ですよ」って言われた事がある人もいると思います。
ブローは根元がです!

d0005923_1514856.jpgブローはしっかり根元まで濡れてる状態から始めます。濡れてると、いってもタオルドライぐらいの状態です。右の写真がその状態です。
また、オデコの神は気にしないで下さい・・・

d0005923_1542021.jpg
左の写真のように、なんとなく後ろで半分に分けて下さい!





d0005923_157754.jpg
右の写真のように下を向いて前に乾かします。

左下の写真のように、根元から手グシを通しながら乾かすのがポイントです。(キューティクルが根元からウロコ状にありますので、根元から順序よくキューティクルを閉じさせる為です)
クセ毛の人は、ここで少し引っぱりながら手グシを通すとボリュームが抑えられます。
d0005923_25635.jpg



d0005923_282542.jpg
ここはかなりのポイントです!
自分の髪をよく見て、右と左どちらがハネやすい確認して下さい。ほとんどの人が右がハネやすいと思います。
右の写真のようにハネやすい所を上にむけながら手グシを通します。
髪の毛の性質として、根元が起きれば内巻きになります。逆に根元が潰れていれば、ハネます。
d0005923_217384.jpg
ハネる所の根元は後ろに向いて生えていることが多いです。根元の生えグセ修正する為に少し上に向けて手グシを通すのです。
左の写真を見れば、根元が起きると内巻きになるのがわかると思います。
右下の写真がハンドブローが終わった状態です。根元から前に向いているのがわかります。


d0005923_2241082.jpg
d0005923_227457.jpg
ブラッシングすると左のように仕上がります。
ここからクルクルドライヤーやしっかりブラシを使ったブローをするとすごく簡単に出来ます。
コテやホットカーラーを巻いた時にもまとまり感が全然違うはずです。
根元がきれいにハンドブローをされていると風に吹かれて崩れても、手グシできれいに元に戻るのです。ハンドブローはとっても大事なんです!
ピンクのケープのCMもキレイに根元からブローされているから元に戻るんですよ。
[PR]
by muruchura | 2005-04-08 02:38 | blow