もっと髪の毛の話をしよう☆


by muruchura
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:髪質・毛流・骨格( 3 )

今回はクセ毛について説明します。
クセ毛は、ハネたりうねったり、ネコっ毛や縮毛といったものがあります。
クセ毛の人は直毛の人と違って、毛根からの生え方が違います!
d0005923_22583752.jpg
このように毛根から曲がった状態で生えてきますので、表面に出てきた時にクセ毛として出てくる訳です。

さらに下の画像が直毛の画像です。これで直毛とクセ毛の生え方の違いがわかります!

髪の毛には4つの結合があります。システイン結合・ペプチド結合・塩結合・水素結合がその結合です。
d0005923_2355686.jpg
普段ブローやホットカーラー・コテから寝ぐせまで、これらは水素結合の原理を利用してます。水素結合は、濡れると結合が切れて、乾くと結合がくっつきます。という事は、乾く瞬間に形を記憶する訳です。クセ毛の人は、特に乾く瞬間が勝負なんです
クセは根元からありますから、ボリュームをなくしたり、ストレートにしたい時はシャンプーしてタオルドライしたら、痛くない程度に少し髪を引っ張りながらドライするとだいぶおさまります!
今は縮毛矯正やストレートパーマがありますが、やっぱりダメージがかなり蓄積されますので極力やらない方がいいと思います。でもスタイルチェンジをするとなると必要になりますので難しいですけどね・・・
一番いいのは、しっかり相談にのってくれる美容師さんに出会う事が大事かと思います!

次回からさらに使える情報を!!
[PR]
by muruchura | 2005-03-22 23:33 | 髪質・毛流・骨格
 今回は、直毛の人の説明をします。
 まず直毛の方は、クセ毛の人にうらやましいと言われたりする事があると思います!
でも直毛だと、ストレートの仕上がりだとキレイに仕上がりますが、パーマがかかりにくい場合がよくあります。コテを巻いてもすぐにとれたりして、言うことを聞かないのも特徴の一つです。
直毛で細い人の髪質はかなり扱いやすいですが、太い方は扱いにくいです。直毛だと毛流にかなり影響され、髪が前に生えてる人は分け目が出来にくく、逆にいろんな方向に生えてる方は割れやすかったりします。
この髪質は、実は僕自身の髪質でもあります。ストレートだと、クールに見えてキツイ印象に見える事があり、この場合、軽いボディーパーマ・ニュアンスパーマをオススめします。髪に自然な丸みが出来て、やわらかい印象になってくれます!
直毛はボリュームが出にくいので、先ほど話したボディーパーマ・ニュアンスパーマをかけると、解消されます!

次回はクセ毛のお話です!
[PR]
by muruchura | 2005-03-21 00:26 | 髪質・毛流・骨格
 初めてのレポートなんで、少し緊張してます!
ここでの説明とかは、僕が美容師のアシスタントの子達に技術の説明をする時の
説明と同じ物を出来るだけ、わかりやすくやっていきます。
質問とかがあれば出来るだけお答えします!

まず髪質
髪質にはいろんな髪質があります。直毛・クセ毛・ねっこ毛・縮毛など、ハネる・うねるなどが主な髪質です。この中でも髪の太さが違い、細い人から太い人までいろいろです!
この中で自分に当てはまる物があると思います。比較的髪質に関しては、自分で自覚しやすいです。自覚してもなかなか自分の髪質を上手く扱う人は、多くはいないと思います。

次に毛流
毛流はかなり髪質と深い関係にあります。毛流と考えるとわかりやすいのがつむじです。ほとんどの人が右回転のつむじで、たまに左回転の人がいます。つむじが二つある人や、前髪につむじがあるひともいます。この毛流を上手く扱う事で、いろんな雰囲気や小顔に見せたりする事も出来ます。

最後に骨格
骨格なんですが、日本人の頭の形は本当に悪いです。ゼッペキやハチが張ってたり、いろいろです。その為、日本の美容師さんのカットは頭の形を良く見せる為、海外のヴィダルサスーンなどのカット理論を日本人ようにアレンジした物が元になってます。

髪質・毛流・骨格がいろいろ組み合わさっているので、一人ひとり扱い方が違う訳です!
プロはどんな髪質にも対応しなきゃいけませんが、一個人であれば自分だけをできれば、後でいろんな髪型をやる時に幅が広がり楽しくなりますので、一緒に勉強していきましょう!!

次回はタイプ別に説明していきます。
[PR]
by muruchura | 2005-03-20 01:30 | 髪質・毛流・骨格